遺品整理をする

故人の持ち物を供養しながら整理する遺品整理の方法もある

遺品整理とは亡くなった故人の荷物を処分することですが、遺品整理を扱っている業者はただ品物を処分するだけでは終わりません。亡くなった状況によって遺品はひどく汚れていたり、ときには荷物が家一軒分もそのまま残されたりします。 そういった品物を仕分けしたうえで、遺族に引き渡すなり処分するなりの手伝いをするのが遺品整理なのです。通常の片付けであれば他のリサイクル業者やゴミの回収に頼むこともできますが、中には特殊な状況で亡くなっている場合もあり、そういったケースではそれなりの処置が必要になります。 遺品整理を専門に扱っている業者では、遺品整理からそれらの清掃、処分、供養まで一貫して行っているところもあります。ただ処分だけではあまりにも忍びない時は、こういった業者に遺品整理を依頼する方法もあることを覚えておいてください。

遺品整理は現在需要がますます増大しています

故人の遺品整理は一昔前なら当然肉親によって行われていました。近年では生活形態の変化によって故人の遺品整理を請け負う業者が増えていますが、遺品の中には故人の大切な思い出の品もあり、一律に処分するという訳にはいきません。また手帳や通帳のようにキチンと見つけ出して保管する必要があるものもあります。中には現金や貴金属といった貴重品もあるかもしれません。 そのため遺品整理は経験を積んだ信頼の置けるスタッフを揃えている業者に依頼したいのですが、その際気になるのはどのくらいの料金がかかるのか?ということです。そこで目安となるのは作業を行う故人の部屋の間取りと広さです。それによって作業を行う人員が異なってくるからです。 故人の遺品整理において、1Kの人員2名なら40000万円、1LDKで人員3名なら130000円、2LDKで人員4名なら200000円というのが現在の平均的相場といえます。もちろん整理すべき遺品の量によっても料金は変わってきますので、事前に見積もりをしっかり行ってもらうのを忘れてはなりません。